スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三人の刺客

十三人の刺客

TOHOなんばにて「十三人の刺客」を観てきました。最後の50分は迫力満点で凄かったけど・・・長過ぎる。
外人受けはいいかも知れないけど、見慣れてるオレとしては”切りあう”ばかりで正直疲れたかな。牛を使ったり木で壁を使ったりの工夫して闘う部分は面白かったに残念。

最初、役所広司に松本幸四郎、岸部一徳、松方弘樹、山田孝之、沢村一樹、伊原剛志、市村正親のメンツの中に何故に・・・稲垣吾郎??まぁ客寄せパンダかなって思ってたけど、めっさ悪!役にこんなにハマってるとはって思う程の悪っぷりで、途中で憎たらしく思えて来た(笑)。奇行な行動をとる時の雰囲気もほんま奇行で、稲垣吾郎はまり役やった。

岸部一徳と伊勢谷友介の落合塾のやりとりは面白かった。前半の両手両足、舌を抜かれた女性が口で「みなごろし」と書いた所はゾワゾワッて来た。戦闘シーンは長過ぎであれやけど、内容的には・・・まぁ普通かなって思う。



↓この記事に興味を持って戴けましたらクリック宜しくお願いしますo(^^o)=(o^^)o
人気ブログランキングへ ブログランキングblogram投票ボタンにほんブログ村 演劇ブログ ストリートダンスへ
CoRichブログランキング




ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。